@明治13年(1880)大明寺に聖パウロ教会が建ち、小教区が始まる
 明治12年から当時の神父たちは七つに区割りされた長崎県内の各地区に定住するようになります。その中の一つが、伊王島を含む「港外の島々の地区」でした。司祭定住に伴ってこの地区に最初に建てられたのが、当時の大明寺教会でした。大明寺教会建設の際は、フランス人ブレル神父の監督のもと、伊王島舟津の大工大渡伊勢吉(おおわたりいせきち)が腕を振るいました。
 この聖パウロ大明寺教会堂は、昭和50年秋に、愛知県犬山市の博物館「明治村」に移築され、現在の教会は第18代主任司祭の洗礼者ヨハネ中島政利神父の時代に建て替えたものです。
A第6代主任司祭マルマン神父の時代、馬込聖ミカエル天主堂が建つ
 当時のマルマン神父は、馬込地区の教勢に見合う教会堂の必要性を感じ、明治23年に白亜の漆喰造ゴシック様式の聖ミカエル天主堂を建設しました。敷地は当地の数名の信徒の寄進を受け、設計はマルマン神父自身が手がけ、工事はすでに大明寺教会で経験を積んでいた舟津の大工大渡伊勢吉が中心になって建てられました。ところがこの教会堂は、数度の台風被害によって、やむなく建て替えることになります。
B現在の聖ミカエル馬込天主堂が昭和6年(1931)に建つ
 昭和2年(1927)と昭和5年(1930)の台風被害は甚大なもので、マルマン神父が苦労して建てた白亜の天主堂も、尖塔部分は吹き飛ばされ、もはや修理の見込みが建たなくなっていました。災害当時の主任司祭は第10代松岡孫四郎神父(のちに名古屋教区の司教)で、鉄筋コンクリートの新しい教会堂建設を決断します。
 旧約聖書・詩編の一節に「主御自身が建ててくださるのでなければ/家を建てる人の労苦はむなしい」というものがありますが(127:1)、まさに再建された聖堂は、神が先頭に立って建ててくださり、主任司祭の必死の金策と、実際に労働奉仕をする馬込地区老若男女の信徒、また舟津の大工大和和吉らの汗の結晶でした。ついに昭和6年(1931)10月18日、鉄筋コンクリート、ゴシック様式、総坪数105坪の天主堂が完成し、早坂司教によって献堂祝別されたのでした。当時と現在の物価は比較になりませんが、現在の物価になおせば1億5千万に当たる総工費3万5千円を費やしての大事業でした。
 当時の鉄筋コンクリートの建造物がほぼ当時のままの状態で保たれていること、現在もなおこの教会堂を訪れる人がたえないことなどに思いを馳せるとき、当時の壮大な計画・見識の深さにあらためて畏敬の念を覚えます。
 以下、当時を偲ばせる貴重な写真(複製)、また2004年に放映された「愛し君へ」の撮影時に協力を得て撮られた写真、あわせてこれまで小教区に赴任した歴代の主任司祭一覧を参考として掲載させていただきます。
 教会の歴史に興味を持ってくださったかたに感謝申し上げますとともに、この教会堂の維持管理のために賽銭を入れてくださったかたにも感謝申し上げます。皆様お一人おひとりの願いが神に聞き入れられますように、ささやかながらお祈りさせて頂きます。ありがとうございました。
左の写真。マルマン神父が手がけた天主堂。写真内右に見えるのは当時の司祭館。写真右。明治・大正の頃の聖ミカエル馬込天主堂周辺の様子。