マリア文庫への寄稿

「マリア文庫」とは、「目の見えない方々」へ録音テープを通して奉仕活動をしている団体です。概要については、マリア文庫紹介をご覧ください。
2004年 4月 5月 6月
2004年 7月 9月 10月

2004年4月

ページの先頭へ

●こんにちは。中田神父です。伊王島町・馬込教会に転勤しました。こちらの様子と、前の任地といちばん環境が変わった「炊事」つまりご飯炊きについて、大変遅くなりましたが二回分レポート致します。結構楽しめると思いますので、ご飯を食べている人は喉に詰まらせないように、飲み物を口にされている方はひっかけないようにお願い致します。
●こちらに来て、以前の教会よりもますます海が近くなりました。それは距離という意味でも、また教会の信徒の方々が海から生活の糧を得ている人が多い、という意味でもそうです。海が近くにあると仕事が手に付かない中田神父としては、こんなに誘惑の多い教会に、どうして責任者の方は私を赴任させたのか、首をひねりながらも感謝感激の日々を送っております。
●4月23日金曜日に赴任したのですが、その次の日に、私はいてもたってもいられずに夜に街灯で明るく照らされた波止場に行きました。当然のことですが、釣り竿を持って、夜のイカ釣りに出かけたのです。出かけてみると先客が一人いまして、挨拶をして友達になれば、こちらの様子もすぐに分かるなあと思って声をかけました。
●「おばちゃん、釣れてるね」「うんにゃあ〜、今日はまだ釣れんねぇ」「ぼくもイカ釣りに来たとさね。いっしょによか?」「うん、よかよ。兄ちゃんは土日に旅行でホテルに泊まって夕涼みに釣りに来たとね?」「いやあ、おいは昨日来たばっかりの教会の神父よ」
●「えええ!ありゃ〜神父様っては知らずに、これは失礼しました。それなら神父様、こんな場所で何ですけれども、神父様に聞いて欲しか相談のあるとですたい。こうこうでですね、どがんしたらよかでしょか・・・」やはり神父はどこへ行っても神父です。身の上話を釣りの最中に聞いてあげて、心の悩みに答えてあげる。ここで私はまず最初の、主任司祭としての仕事をこなしたのでありました。
●日曜日は、当然ミサの礼拝が行われます。この礼拝の中で、私の第一声となる説教を行ったわけですが、皆さんとても熱心に聞いてくださり、あーこれで私は受け入れてもらえそうだなという感触を得たのでした。もしもよろしかったら、日曜日毎のミサの様子は収録してマリア文庫に届けておりますので、マリア文庫のほうにお尋ねください。
●明けて月曜日、伊王島町役場に出向いて、転入届を提出しに行きました。この島は、島全体で一つの町(行政の単位)になっていまして、この一つの行政単位の六割がカトリック信者という、非常に希な地域です。当然、役場にも六割はカトリック信者がいると考えてよろしいわけですが、何と町長、助役、町議会議長、ほとんどの要職がカトリック信者でした。
●日曜日の朝にミサに参列していたのでしょう、助役さんのほうから私に声をかけてくださいまして、「せっかくおいでですから、町長と面会していってください」と案内されました。町長は大変恰幅のよい方で、人間的にも豪快な方と言えば様子は伝わるかと思います。本当に気さくな面会時間を設けてもらい、あとでは町の三役を交えて夕食会の席までも用意していただきました。町長はじめ役職についておられる方から励ましのことばをいただいた中から一つ取り上げますと、「神父さん、どうぞ遠慮なさらずに、バリバリやってください。突っ走ってください」ということでした。これは心強いなあと思い、その思いで日々を過ごしております。
●伊王島町には、馬込教会と大明寺教会という二つの教会が建っています。それぞれの教会の雰囲気は、その地域性からまったく違う特色が出ています。今ここですべてを紹介するには時間が足りませんが、馬込教会のほうは漁師の多い教会、大明寺のほうは漁師でなくてそれぞれ何かの仕事をしている方の集まりといった感じでしょうか。それは、それぞれの信徒が建てた教会にも、色濃く反映されていると思いました。
●教会堂の建物についても、ビックリするほどの違いがあります。馬込教会は伝統的な教会の造りです。そそり立つ塔、中はコウモリ屋根、太くてがっちりした石柱(石の柱)が何本も教会の中にそそり立って、教会堂を支えています。
●一方、巡回教会である大明寺教会は、外観も中も、いわゆる現代風の建物で、伝統に縛られない、合理的に造られた教会です。この対照的な二つの建物からも、教会についての考え方が、その土地の雰囲気を色濃く反映しているなあ、と思いました。
●また、私が赴任してくる直前に、もう一つ沖に浮かぶ高島というところで共同体を作っている高島教会も、馬込教会の巡回教会に含まれることになりました。ですから私は、一つの島の中の二つの教会と、もう一つ離れた島にある三つ目の教会を掛け持ちすることになったわけです。
●ここで長崎市からの交通ということを話して、もう少し全体の様子を伝えようと思いますが、伊王島(馬込教会と大明寺教会のある島です)までは、今のところ船しか渡る方法がありません。将来的には伊王島までは橋が架かることになっているそうですが、今は高速船コバルトクイーン号で長崎港から20分です。いつも海は穏やかなことが多く、とても快適な船旅です。
●高島教会のある高島は、同じコバルトクイーン号が伊王島に船を着けてそのあと続けて高島まで通っているのですが、伊王島を出た途端に海の様子が変わります。もうそこは外海(そとうみ)になっていて、普通でも波が出ますし、天気が悪いときには弱い人はすぐに船酔いしそうなくらい海が荒れます。
●こちらに来てからまだ3週間くらいですが、その間にも伊王島まで来た船が悪天候のために高島には立ち寄りませんというアナウンスが何度も行われました。確かにその日強い風が吹いてはいたのですが、船が通わなくなることがあるくらい名のですから、結構に荒れるのだと思います。
●さてこの高島にも、私がお世話する高島教会があり、信徒の方がおられます。高島はまた高島独特の雰囲気があります。伊王島はどちらかというと長崎に近い島ですが、高島はある程度離れている島ですから、本当に島の暮らし、純粋な島に住む人の信仰を持っているなあと感じました。
●いちばん驚いたことが、小学生が少ないということです。伊王島のほうから言うと、島全体の六割、600人ほどがカトリック信者ではありますが、小学生はその中でたったの3人しかいないのです。本当なの?と疑いまして、しつこくシスターに聞いたところ、やはり、島で唯一の小学校の全校生徒が30人しかいないので、どこを探しても3人しかおりませんと、きっぱり言われてしまいました。高島にはカトリックの小学生は4年生の男の子1人でした。
●これは、私に課せられた一つの十字架・重荷だと思いました。実際に3人・または4人の子どもしか存在しないわけですから、その子どもたちがのびのびと信仰面でも育っていくように、精一杯のお世話をしてあげたいなあとあらためて思ったところです。
●子どもが少ないということは、それだけ高齢者が多い、ということです。実際に思うことですが、日々の礼拝に参加する人も、また日曜日の礼拝に集まる人も、年齢を重ねた方が多いのです。そこから導かれることは、私はこの方々に、より分かりやすい話を準備して、これから神の言葉をかみ砕いて届ける必要があるということを強く感じました。
●おそらく、今までの説教のスタイルでも十分伝わるだろうとは思っていますが、それでも念には念を押して、私が選んだ言葉は、本当におじいちゃんおばあちゃんの心まで届くだろうか、そういうことを考えながら説教に心を砕く必要があると感じました。
●こうした事情は、限られた小さな島ならではの独特の事情ではありますが、そこはもう机の上の話ではなくて、実際にそういう現実なのだと受け止めて、その中で可能なことは何か、妥当な宣教活動の方針は何か、そういうことを導き出していかなければならないと、あらためて気持ちを引き締めているところです。
●景色も美しく、すぐ向こうには長崎港の町並み、ちょっと前まで暮らしていた「いわゆる都会」が見える小さな島で、新たな生活が始まりました。これからどんなドラマが起こるのか、とても楽しみにしています。私の印象では、今は追い風を受けて、いっぱいに帆を広げればどこまでも前進しそうな、そんな雰囲気です。きっと、これまでの時間で刻んできた歴史の上に立って、さらに一時代を築いていくぞ、そんな意気込みですので、どうか皆さんも暖かく応援してください。
●では、次の号ではちょっと趣向を変えまして、38歳の独身男性が、どのような食生活をしながら今日までの3週間近くを過ごしてきたかを、克明に皆さんにレポートしたいと思います。お楽しみに!

2004年5月

ページの先頭へ

●こんにちは。中田神父です。皆さんは新しいことに挑戦してみようというとき、どれくらいまでだったらやってみようかなあと考えるのでしょうか。例えば、長い時間架かっても良いから、違う国の言葉を一つ覚えるぞ。そんな夢には挑戦することがあるでしょうか。あるいは、出かけると言ったら、県内くらいのものだったけれども、思い切って日本を飛び出して、一度でいいから海外の行きたい国に出かけてみたい。そこまででしたら、挑戦しようという気になるものなのでしょうか。
●中田神父にとっての現在の挑戦と言えば、それは間違いなく「自炊生活」ということになると思います。実はこれまで、司祭になって12年間というもの、いっさい台所に立ったことがありませんでした。それは、食事に関しては教会で奉仕してくれる修道女の中からどなたか一人が、司祭の食事の世話をしてくださっていたからです。
●ところが、今回赴任した教会は、事情がまったく違っていました。まず、修道女の方々にはお願いできない事情だということが分かりました。また、教会役員の方が思い当たる婦人会の方々に当たってみたのだそうですが、何人もの方が「神父様のお世話なんて、とんでもない。私には無理です」とていねいに断られて、これまでのところ行き詰まっているようです。
●実はそれ以前から私の耳に入ってきた情報から、どうやら自炊をしなければならないらしいということはうすうす感じていましたので、一念発起、まったく台所に立ったことのない38歳の神父ですが、いっちょうやってみるか、ということになりました。
●やってみるかというかけ声は勇ましいのですが、本当に料理の経験はありませんから、私にとってはすべてのことが始めての経験です。台所に用意されているものを一通り見回し、冷蔵庫や引き出しに置かれている材料を総合して、まず導いた結論は、これは一ヶ月ともたないに違いない、ということでした。
●経験は問いませんという職種がありますが、料理に関しては経験を問うと実感しています。例えば、野菜を切ろうにも、危なっかしい手つきです。基本的に「白いご飯」と「主食のおかず一品」それに「野菜」と頭では考えていますが、白いご飯がまともに食べられるようになったのは一週間を過ぎた頃でした。
●情報だけはこの年ですからたくさん入っています。ご飯は炊飯器よりも土鍋を使ってガスで炊いたほうが格段に美味しい。そう聞きかじっているわたしはできるかどうかも考えずに土鍋を購入しましてさっそく挑戦しました。最初のご飯は忘れもしませんが、何だか焦げ臭いなあと思ったら、お米の半分は土鍋の中で炭になっているではありませんか!お焦げが少しできるくらいが美味しいと言いますが、少しなんてものではありませんでした。泣く泣く2合の米のうち、炭になってしまった半分を捨てて、残りの半分をしょんぼりしながら食べたのでした。当然、美味しいはずもなく、何だか古墳時代の非常食を食べているような気分でした。
●ご飯は、時と場合によって固めが良かったり柔らかめが良かったりします。カレーライスを食べるときのご飯は少し固めがよいかも知れません。それは頭では分かっているのですが、できたご飯はおじやのようなご飯ができあがりまして、「カレーおじや」を食べざるを得ませんでした。チャーハンを作ろうというときも、もう少し固めのご飯を考えていたのにうまくいかず、「チャー・おかゆ」を食べたこともあります。今では固いも柔らかいも自由自在、お粥を炊いてヘルシー朝食もお手のものになりました。
●また、野菜の中には皮をむいて使う材料があります。ジャガイモがその代表ですが、ほかにもニンジン・キュウリなどです。それらを使いたいと思って皮をむき始めるのですが、これがなかなか終わりません。鍋に水を張って火をかけているうちに、鍋のほうが沸騰しているといった恥ずかしい話も二度や三度ではありませんでした。
●あるいはニンジンの皮をむいていたらニンジンが鉛筆になってしまったこともあり、そんなことがあったと婦人会の方に話したところ、台所を探して皮むきの道具を見つけてくださいました。最初から備え付けてあったようですが、何と無駄な時間を費やしたことかと、悔やんでおります。今はジャガイモとパスタを茹でてほかの野菜と合わせてサラダ風にアレンジして楽しむこともできるようになりました。
●料理のことばかりたくさん続いてしまいましたが、何かに挑戦するからには当然困難も待ち受けています。それでも、挑戦する気持ちがあれば、困難はあるとき解決の道が開ける、乗り越えるために思いがけない人が手伝ってくださる、そんな気がします。
反対に、できるはずがない、そのことばかりが私の心を支配していれば、どんなに人が励ましたとしても、傍目からは「やればできるのになあ」と思うようなことでも、おそらくできないのではないでしょうか。私は、挑戦する人を今月の話で応援したくて、このお話をまとめているつもりです。
●要は、私という器を、どのように準備していくかで、その後のことは変わってくるということです。特に、すべての人に公平に与えられるものについては、私という器を良い状態で準備しておけば、たくさんの喜びに出会うこともできる、自分で乗り越えられないと決めてしまっていた壁を乗り越えていける、そんなすばらしい体験をたくさんできるのではないでしょうか。
●私という器をいつも良い状態にしておくことが肝心ですよということを、聖書の話からまとめて、今月を結びたいと思います。聖書の中から二つの箇所を取り上げておきます。
●一つは、キリストが言い残された言葉から、これまでの内容をまとめたいと思います。次の言葉です。「種を蒔く人が種蒔きに出て行った。蒔いている間に、ある種は道端に落ち、鳥が来て食べてしまった。ほかの種は、石だらけで土の少ない所に落ち、そこは土が浅いのですぐ芽を出した。しかし、日が昇ると焼けて、根がないために枯れてしまった。ほかの種は茨の間に落ち、茨が伸びてそれをふさいでしまった。ところが、ほかの種は、良い土地に落ち、実を結んで、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍にもなった。耳のある者は聞きなさい。」
●畑に種がまかれました。種は一定の間隔で平等にまかれていきます。これは神の恵みのことです。ある種は実を結びません。ある種は、実を結びますが、三十倍だったり百倍だったりします。これまで話してきた、「器の準備で、実りは変わる」ということを言っているのではないでしょうか。私にそんなことできっこない。そう言っているあいだは、平等に恵みが注がれていても、実を結べない、実を結んでも、少ししか実らないということだと思うのです。
●もう一つは、教会の季節に少し触れながら聖書の出来事を紹介したいと思います。今教会では、キリストの復活の出来事から五十日目を迎えています。この復活から五十日目には、すべての教会が「聖霊降臨祭」(ペンテコステ)を祝います。
●この聖霊降臨の祝いとは、復活したキリストが天に戻られ、かわりに神の霊「聖霊」が、祈っている弟子たちに注がれた、聖霊が注がれたその時、弟子たちは大胆にエルサレムの人々に神の救いの働きを宣教したことを思い起こす日となっています。海外ではしばしば復活祭から正確に五十日目に祝うのですが、日本ではその日が平日になってしまい、なかなか集まることができないので、直後の日曜日に祝っています。今年は5月30日です。
●新約聖書に残された話を読む限り、聖霊(神の霊)は、「炎のようで、話をする舌」の形であったとされています。大胆に語る力を象徴しているのだと思いますが、ここで人間の器という問題を考えてみたいのです。
●二つの可能性があります。大胆に語る霊の力が注がれたのですが、当然器である弟子たちの準備ができていれば、霊の力が十分に働いて、弟子たちは大胆に語り始めることになります。ただ、その準備は、どんな準備のことを言っていたのでしょうか。
●大胆に語るのですから、「弁論の技術・話術を磨いておく」これは器を準備しておく意味ではと手も役に立つことです。ところが、肝心の弟子たちは、どうもそんな準備をしたという形跡は見られません。彼らの多くはもともとイスラエル北部・ガリラヤの湖で働く漁師でした。漁師はもともと口数が少なく、黙々と働く人々です。大胆に語るためには、少々の練習では足りないと思いますが、彼らはそのような準備で器の用意をしたわけではなかったのです。
●ではどのような準備で聖霊を待ったのでしょうか。実際の朗読を読むとそれが分かります。ここでは割愛しますが、彼らは祈りながら聖霊を待ったのでした。「私を、キリストの証し人とならせてください」「私に、大胆に語る勇気をお与えください」どう祈ったか定かではありませんが、おそらくこのような熱い祈りを捧げて、聖霊が注ぎ込まれるその日を待ったのだと思います。
●結果、弟子たちは大胆に語りました。世界中からエルサレムに集まった人々に、いろいろな言葉で語ったとさえ言われています。聖霊は、信じるすべての人に平等に注がれるわけですが、心の中で何かの強い願いを持っている人は、その願いを何倍にも実らせてくださるために、神は働くということなのかも知れません。器の準備が、まったく包丁を握ったことのない人を変え、そんなこと無理だと思っている人のその後を変え、神を信じる人を大胆に変えてくださる。私たちは器の持ちようによって、これからももっともっとすばらしい体験をできるのではないかと思っています。

2004年6月

ページの先頭へ

●こんにちは。中田神父です。今月は「司祭館」について(司祭が寝泊まりする住まいのことですが)大きな動きがありますのでお話しに盛り込んでみたいと思います。
●現在の教会に赴任して間もなく、「まいったなあ〜これは」と思ったのが司祭館の雨漏りでした。私が特別迷惑をかけているのでもないのに、雨風が強い日は決まって二箇所雨漏りがしていました。それも、あとで調べて分かったのですが、屋根に特大の穴が開いていて、それが修理で戻ればよいのですが、どうやら根本的に、建物が朽ちてしまっているらしいという結論になりました。
●私は責任ある信徒の役員を集めて、私自身が困るというだけではなくて、のちのちの司祭の住まいがこんな状態ではいけないのではないか、大々的に改修するか、思い切って建て直すか、いずれにしても動いてもらえませんかとお願いしました。
●さっそく話し合いの場を持ち、これはどうも建て替えが必要だという結論になり、信徒全員の意見を取りまとめて一歩を踏み出しましょうというところまでこぎ着けまして、いつからということはまだ決まっていませんが、今お世話になっている司祭館はいったん取り壊し、新しく建て替えるということになりました。
●生まれて初めて、建物を建てるという経験をさせてもらうことになったのですが、当然全くのゼロからいろんな手続きを踏むことになります。今現在は、宗教法人として建物を取得するとき知っておかなければならない事柄を記した書類に目を通しながら、「難しいなあ・ややこしいなあ」とため息をついているところです。
●ついこの前の日曜日、6月20日に信徒の総会が開かれたのですが、総会にあたっての挨拶の言葉を主任司祭の私が述べた時点で、司会者が「それではこれから信徒の遠慮のない意見を聞きたいと思いますので、主任神父様は申し訳ありませんがご退席願います」と言われ、信徒会館から司祭館に戻りました。
●いちおうそのように言われていましたのでここまでは予定通りだったわけですが、私の考えでは司祭館建築という大きな問題を取りまとめるのだから、きっと長い時間話し合いをするものだと思って、司祭館では朝昼兼用の食事の支度を始め、トーストを口にくわえて、レギュラーコーヒーができるのを待ちながら、くつろぎのひとときを取ろうと思っていたのです。
●ところが、トーストが焼き上がり、一口食べ始めたときには電話が鳴りまして、先ほどから総会の司会を務めていた役員の方が携帯電話でこう話しているのです。「神父さん、みんな早く建て替えてあげなさい、という意見ばかりで、誰も反対の意見もないし、総会は終了です」ということでした。
●当然込み入った意見も噴出し、まとまらないであろうとたかをくくっていた私は、まだトーストも食べ終わらないまま、コーヒーなどは一口も飲むことなく、慌てて総会後の反省会の場に呼び出されました。こんなことなら、退席して下さいと言われたときに、信徒会館を一歩出てそこで少しだけ待っていれば良かったと思ったものです。
●信徒の皆さんの強い願いを肌で感じた総会でした。司祭が、本当に思いきって活動するために、基本になる生活の保障を私たちがしてあげないでどうする。そんな思いを一人も例外なく持っていたから、会議に少しも時間を必要としなかったのだと思います。ありがたいと思うと同時に、身の引き締まる思いがしました。
●さて建物を新築するのですから、部屋の間取りや、外観などを考えなければなりません。どうしたらいいのかなあと、半分任せたいという気持ちで尋ねたところ、役員の皆さんはここでは冷たくて、「神父さんの家だもん、神父さんが好きなようにデザインして頂戴」と言われ、これから十日間くらいのうちに、何かしらのデザインを組まなければならない羽目になりました。私は小学生の時から図工は2、風景画一つ描けなかった人間なのに、デザインを提出しなければならないのです。これは困りました。
●まあ、どちらにしても素人なのですから、いろんな細かいことは助けてもらうのでしょう。ところが、本当にこの司祭館建設で問題なのは、もっと別のところにあるのではないかなあということを、今月の記事をまとめながら思うようになったのです。それは、二つのことがきっかけでした。一つは私がお世話になっているうちに亡くなった主任神父様のアドバイス、一つは聖書の中のある言葉です。
●私が一年お世話になったある主任神父様が、私にたいへん味のある言葉を言い残して下さいました。ちょうどその教会も、教会と司祭館の建設という大問題と向き合わなければならない時期にさしかかっていたのですが、その神父様は役員のかたに声をかけるのとは別に、主任司祭を助けるもう一人の司祭である私に、次のようなことを言い残しました。「建物はね、祈りがなければ建たないんですよ」という言葉です。
●一般の家屋とか、公共の施設ではなくて、礼拝のために集まる場所、礼拝を執り行う司祭の住む家です。宗教に関わるこれらの建物は、見た目は一般の家屋・公共の建造物と同じでも、祈りに支えられなければ、本当の意味で良い建物を建てることはできない、ということだったのでしょう。
●その主任神父様は、私にこの言葉を残して、その後わずか数ヶ月のうちにこの世を去りました。私は先輩神父様からいろんな声をかけてもらったわけですが、今現実に司祭館を新築するに当たって、「建物はね、祈りがなければ建たないんですよ」というあの言葉が、ひしひしと迫ってくるのです。もっと印象に残る言葉もあったのですが、私を今動かしているのは、祈りが必要ですというその一言なのです。
●たとえ素人であっても、部屋の間取りは意見を出せばそれは形になるでしょう。ですが、今建てようとしている建物は、司祭が司祭として働く知恵を絞る家、司祭の働きに休息をもたらし、充電するための家です。それは、いつもそこに神がとどまって、働く司祭を導くような建物でなければならないのだと思います。
●また、この司祭館は、実質は信徒の皆さんが立ててくださるものです。信徒の皆さんが出してくださるものは、司祭が本当に安心して働くことを願ってのことです。そこには祈りが込められている、新しい家で頑張って欲しいという願いが込められていると思うのです。美しさとか、快適さとか、それらとはまったく違った「思い」、それが、祈りなのではないでしょうか。
●もう一つ、この度の建築に当たって、聖書が語る次の言葉を思い出しました。旧約聖書の、「詩編」という作品の中の一つで、ソロモン王が残したと言われる詩です。「主御自身が建ててくださるのでなければ/家を建てる人の労苦はむなしい。主御自身が守ってくださるのでなければ/町を守る人が目覚めているのもむなしい。」
●ここで私は二つのことを考えたのですが、一つは、建物は大工さんがまじめに建てればそこに建物が建つのは当たり前なのですが、問題は、神がその建物をいつまでも支えてくださるから、建物はそこにあるのだということです。大工さんがどれだけ技術の限りを尽くして建てても、地震がやってくればひとたまりもありません。そのような災難があったとしても、神がその建物にいつまでも関わってくださるなら、建物は本当の意味でそこに建つ、大工さんの努力も始めから終わりまで神様が関わって下さったときに本当の意味で報われるのだということです。
●もう一つ考えたことは、神の祝福と見守りが、建物には必要だということです。聖書はここで町を守る番人を例に挙げていますが、当時は町そのものも、城壁に囲まれた一つの建物でした。うっかりすると侵入者の侵入を許してしまい、町が滅ぼされるということも起こりえた時代です。そんな中で、片時も町のことを忘れず、見守り続ける神の助けがなければ、うっかり居眠りしてしまうかも知れない弱い人間の力では、町を守りきることはできないと言います。
●同じことは、新しく建てる司祭館にも当てはまるような気がします。今後司祭館ができあがれば、細心の注意を払って維持管理を続けることでしょう。ただし、本当の意味で建物を守り続けてくださるのは神なのだと思います。神が、建物を建てる最初から関わり、この建物のすべてに目を注ぎ、守り続けて下さることを心から願いたいと思いました。もちろん、この建物と言いましたが、まだ「この建物」は建ってないのですけれども。
●祈りのうちに建てられた司祭館。神がそのはじめから関わってくださった司祭館。まだ見ぬその建物に、私の心は喜びに弾んでいます。これでようやく、寝るときにカッパを着て寝ないですみます。部屋から部屋に移動するときに、傘をささずにすみます。きっと、これまで以上に多くの方々のためにこの身を捧げることができるでしょう。
●勘違いなさらないために、どれだけ大雨が降っても、雨漏りはしますがカッパを着て布団に入ったことはありませんので、誤解のないようにお願い致します。

2004年7月

ページの先頭へ

●こんにちは、中田神父です。蝉の鳴き声で、しまいには発狂しそうです。もしも狂人になったら、私は神父としてその後も受け入れてもらえるのでしょうかと、そんなことをふっと思うくらいに、狂ったように鳴いています。
●さて今回の話を用意しようと重い腰を上げた一週間のあいだに、大切な出会いといいますか、大事なチャンスにめぐり会いました。三つあるのですが、すべて紹介できるかどうか、できるだけ努力したいと思います。
●ひとつは、結婚の話です。私たちはどうしても先入観があって、結婚とは適齢期を迎えている方々がお互いの意志を確かめ合って決めるものだと思っているわけですが、今回、七十代の男性と五十代のナイスミドルの方との結婚式をお引き受けすることになりました。
●始まりは、一本の電話からでした。「結婚の相談がありますので、今週教会に伺ってもよろしいでしょうか」。こちら馬込教会に来てすでに三ヶ月、だんだんと人の声でそれが誰であるかわかるようになってきた時期でした。私の記憶に間違いがなければ、声の主は七十代の男性で、あーこれは、息子さんのどなたかが結婚するのだなあと「勝手に」判断しまして、どうぞどうぞ、今週の何曜日がよろしいですかと返事をして、日程を話し合ったのでした。
●「それでですね、相手の方が五十代の女性なんです」。「そーうですか・・・まあ、お会いしてからゆっくりお話を聞きましょう」。何か事情があって、きっと年上の女性を相手に選んだのだなあ、そう思って約束した日を待ちました。
●その日、七十代の男性は約束の時間の十五分前に訪ねてきました。時間前においでになったので、礼儀正しいお父さんだなあ、こんなお父さんの家の息子さんであれば、まず間違いない人だろうと思いました。それから約束の時間を少し廻って、ナイスミドルの女性がやってきました。二人を部屋に通し、相手と思われる息子さんが来るまでしばらく話を聞いてみようと、二・三質問をしていたのです。
●質問しているうちに、ようやく事情が呑み込めました。これは、息子さんの結婚の相談ではなくて、今向かい合っているこのお二人が、結婚するという話なのではないか。驚きましたが、よく考えてみると、それはそれでステキなことだなあと思ったのです。
●昔から受けつがれている旧約聖書の最初の物語に、神が天地を造られたという話がありますが、その最後に神は人間をお造りなったとされています。そして、神が男をお造りになった直後に、「人が独りでいるのは良くない。彼に合う助ける者を造ろう」と仰います。中田神父は生涯独身なので結婚する方の気持ちは十分汲み尽くせませんが、聖書で語られた「独り」という表現は、数を数える「一人・二人」というような一人ではなくて、「孤独」を表す漢字を使って「独り」と表現しています。
●ですから、神が心配したのは、人が、孤独のうちに暮らすのはよくないという意味だったのではないかと考えるわけです。人間の数が一人であっても、神との親しい交わりと、地域の方々との心の通う関わりの中で、司祭は孤独から来る不安を乗り越えていきます。ところが、たとえば一度結婚して配偶者を失った人は、先に述べた「孤独」という言葉が、身にしみるのではないでしょうか。
●もちろん、私が結婚する方の気持ちを知り尽くしているわけではありません。ですが、神が仰ったように、「人が孤独でいるのは良くない」と、私も思うわけです。何が何でも結婚し続けなさいということではありませんが、ある人にとっては見える形で「助け手」がそばにいてくれることが、何にも代え難い慰めになるのではないでしょうか。
●そういうことで、今回めったにないチャンスを与えられまして、年配の男性とナイスミドルの女性の結婚の準備に取りかかります。私にとってもおおいに刺激を受ける勉強会となりそうです。
●次に、ペーロン大会の話に移っていきたいと思います。長崎県内には、ペーロンという名前の舟を漕いで競争する勇壮な祭りの伝統が各地に残っています。実は私が赴任したここ伊王島町も、お隣の香焼町などと並んでペーロン競争が盛んな町のようです。
●それはそれとして、まさか私に参加の依頼が舞い込んでくるとは思ってもみませんでした。伊王島町の青年会(45歳まで)が、馬込地区のペーロン競争が人数が少し心配という話を聞きつけて、どうやら私に白羽の矢が立ったようです。私に断る理由もなく、何か地域との交わりのきっかけにでもなればと思って、お引き受けしました。
●三つ目の話とも関連するのですが、ペーロンの漕ぎ手はどの方も若い方で、馬込地区は馬込教会のお膝元だけあって、いわゆる青年団は全員顔見知りでした。この方々と一緒に櫂を漕ぐのかなあ、と心配していましたら、「神父様、神父様は銅鑼をたたいてください」というのです。
●私は、半分は拍子抜け、半分は不安になりました。何となく、ペーロンにかり出されたのは漕ぎ手が足りなくて声がかかったのだと思っていましたので、そのつもりで出かけたのですが、青年たちはずいぶん遠慮して、神父様が漕ぎ手になって、疲れ果てて本来の仕事に支障が出てはいけないと、気を遣ってのことだったようです。嬉しい反面、何だか申し訳ない気持ちになりました。
●ところが、いざ銅鑼をたたいてみると、それはそれで難しい仕事で、一生懸命こなしているときは気が付かなかったのですが、練習が終わって帰ってみると、軍手の人差し指が真っ赤に血で染まっていたのです。ビックリして軍手を外してみると、たたいていたときにはまったく気付かなかったのですが、指にまめができていたのでした。こんな調子で練習についていけるのだろうか、また実際の大会で、足を引っ張ってしまうのではないだろうか。ちらっと不安がよぎりました。
●ただし、スポーツの不安は練習さえ積めば克服できます。すべてのスポーツで、練習だけは嘘をつかないと言われます。銅鑼たたきも、生まれて初めてたたいたのですから、これから練習を積めば、きっと不安を乗り越えることができるだろうと思っています。機会がありましたら、結果も報告したいなあと思います。
●さて、このペーロン船の漕ぎ手のなかには、多くの十代の若者が混じっていました。この若者たち、話を聞けばカトリック信者と言うではありませんか。それを知った上でのことだったのですが、私は思いきって、こちらから先に声をかけてみました。「おーい、俺が誰かわか