ちょっとひとやすみ

▼日本の教会が大きく動いているような気がする。大阪に二人の補佐司教が選ばれた。さいたま教区にも五年ぶりに教区長となられる司教が選ばれた。説教で述べた通り酒井被選司教は旧知の仲であるので、ぜひ叙階式に参列してお祝いを申し上げたい。
▼最近の動きに関連して、ちょっとした勘違いを経験した。ある小教区内の病院に長らく賄いとしてお世話してくれた信徒が入院していることを聞き、お見舞いに行くことにした。管轄の小教区があるのでそちらの主任司祭に伺いを立ててから行こうと思い、連絡を取った。
▼すると次のような返事であった。「私は新潟にいます。たまたま母親が司祭館の留守番に来ているので、よかったらお茶でもどうぞ。○○病院のお見舞いの人もよろしくお願いします。」「新潟にいます。」私は勘違いをしてしまった。最近新潟の司教が東京の大司教となられて移られたので、新潟の教区長は空席である。さては指名されて、下見に行ったのか?と思ったのだった。
▼後で話を聞けば笑い話だった。その神父様はとある全国会議で長崎教区担当司祭として新潟に来ていただけで、大それた話ではなかったのである。ただ、「それもありだなぁ」と思ったわけで、笑い話が現実になることもゼロではないと考えている。
▼確かに体制は整いつつある。しかしそれと日本での宣教が韓国のような勢いをつけるかということとは別の話だ。空気を入れてもしばらくすれば走ることができなくなるタイヤのように、どこか目に見えない穴があって、空気が抜け、何度試しても刷新されない。どこにその目に見えない穴があるのだろうか。

‥‥‥†‥‥‥
今週の1枚
‥‥‥†‥‥‥
第555回目。ゴーヤの苗を育ててほしいとひとこと言ったら立派な棚ができた。

詳細は、「こうじ神父今週の説教」(ブログ)にて。

★トップに戻る★